大人のスキンケア再入門 美容皮膚科医が教える「美肌」と「枯れ肌」の分かれ道 (知恵の森文庫)



大人のスキンケア再入門 美容皮膚科医が教える「美肌」と「枯れ肌」の分かれ道 (知恵の森文庫)

分類:
発送可能時期:アクセスしてご確認下さい
参考価格:¥ 680 (消費税込)


ふうん。。。
本の内容は最初はとても新鮮に思えました。

でも結局この一冊だけで
美肌になることはないと思う。


「セラミド美容液は3000円以上のものを」
という基準も微妙だと思う。
結局著者の病院で購入した方が一番良いという
結論が出る。

質の良い睡眠とバランスの取れた食事が
美肌に一番いいと言うのは誰でも良く知っている。
しかしこの本を書いた方、
普通に健康そうには見えるが
美肌には見えない。
透明感やつやがない。
本当の肌のきれいな人は、その美肌を隠し切れないものである。




これはただの個人的な意見です。
実際にはこの本が役に立ったという人は
大勢いるのかもしれません。

科学的!現実的!お金がかからない!
VOCEを定期購読したり、佐伯チズさんや山咲千里さん、色々な皮膚科医の
スキンケア本など色々読みましたが・・・今のトコこれが一番ためになりました。

皮膚科医の本だと、どうしても途中からケミカルピーリングやイオン導入 フォト
フェイシャルの話になってきて、確かに本当に効果があるのかもしれませんが
そんなお金があったら本なんて読まない!と思うようなものや「なんだ、宣伝か」と
思うものが多いのですが、これは違いました。

途中この本でもやはりケミピーの話がでてきて、ちょっとがっかりしかけたのですが
ホームピーリングでもOKと薦めてくれたり、何でもレーザーできくわけではない、むしろ
レーザーがきくものは限られているという情報を教えてくれたり親切です。

この本のおかげでもう無駄な化粧品やサプリは買わずにすみます。ういたお金で
栄養のあるものを食べたりして肌をきれいにしていこうとおもいました。


う?ん・・
最近「何も付けない」美容法に興味があります。確かに、参考にはなりますが。この程度の情報だとネットにある情報で充分かな・・・いつも最後の方につく、宣伝文句の読み取り方?の示唆が親父の説教くさくて鼻につきます。
最終的にこの先生が仕事をしていらっしゃる「ピーリング」や「レーザー」しか有効な方法は無いのよ!っていうまとめ方もちょっと・・育菌法に興味のある私にはどうもお仕事の宣伝本にしか見えませんでした。

無意味な事はもうしません!
過去に著者の本を数冊読みましたが、その中で一番分かりやすくて良かったです。
過去と内容がかぶるものもありますが、基本的に大事なものは年数が経っても変わらないものなんだと実感。
巷にあふれる美容情報を、科学的根拠から「いけない」「意味が無い」とバッサリ指摘してくれます。
一番良かったのは、『飲むコラーゲン』のところ。
内容は書けませんが、謎な部分だったので理解できてスッキリしました!
医師ではない有名な美肌師の方は沢山いますが・・・私は「経験」よりも「科学的根拠」を信じます。
これで美容情報に躍らされる事なくいられるのならば、むしろお得ですね。
営業的な内容も一切ないので・・・好感度アップです。

今後の指針に
巷に溢れかえるスキンケア法とスキンケア商品の情報の渦の中で「何がホントウで何がウソなのか」を皮膚科医の立場から、一刀両断、確信に満ちた語り口でいともあっさりと答えてくれた。信じて良い。と思わせてくれた。なんとなくこれがよさそう、と言ったあいまいな判断で商品や方法を選択しがちだったが、これからは迷いなく選べそうだ。素人判断で、雑誌、テレビ等で紹介される化粧品をいちいち試す必要もなくなり、この本でそのような「無駄」を省けるという意味でも、この本は非常に安い(お買い得)。具体的な商品をあげてもらえればもっと嬉しい、という点で星4つ。




医療を動かす―HSP(東京大学医療政策人材養成講座)の活動記録

大人のスキンケア再入門 美容皮膚科医が教える「美肌」と「枯れ肌」の分かれ道 (知恵の森文庫)

ゼロからはじめるミシン生活 子どもの服と雑貨づくり

開発と教育―国際協力と子どもたちの未来

人は誰でも間違える―より安全な医療システムを目指して

やさしい経営学 (日経ビジネス人文庫)

障害児教育を考える (岩波新書)

患者の安全を守る―医療・看護の労働環境の変革

早島式即効ダイエット―ゆがみをなくし、ムリなくやせる 体のバランスを整える「導引術」のすべて (にちぶん文庫)

ギア・チェンジ―緩和医療を学ぶ二十一会 (総合診療ブックス)

新着情報ブログ ブログ2