患者の安全を守る―医療・看護の労働環境の変革



患者の安全を守る―医療・看護の労働環境の変革

分類:
発送可能時期:アクセスしてご確認下さい
参考価格:¥ 3,780 (消費税込)


安全を守ることではなく、安全を守るためにはどうあるべきかが書かれている
ありがちな、安全の守り方や事故の分析方法はむしろ簡略化されている。具体的に、どのような人員確保をするべきか、労働環境はどうあるべきか、チームワーク、リーダシップ、フォロワーシップ、など、それぞれ実例を交えながら、具体的に示されている。もちろん、米国の社会背景と、日本とは異なる点もあるので、少し読み替えないといけないところがある。しかし、全体を貫かれた「安全を守るために医療界だけではなく、社会や政府は何をしなければならないか、どれほどの手間、人員、予算が必要か」という問いに答えようとする姿勢は、勇気づけられる。
焦点は看護師に当てられている。看護理論よりも、この本を教科書にして、看護とは何か、どうあるべきかを教えた方が、21世紀の医療界を生き抜く底力になると思える。




医療を動かす―HSP(東京大学医療政策人材養成講座)の活動記録

大人のスキンケア再入門 美容皮膚科医が教える「美肌」と「枯れ肌」の分かれ道 (知恵の森文庫)

ゼロからはじめるミシン生活 子どもの服と雑貨づくり

開発と教育―国際協力と子どもたちの未来

人は誰でも間違える―より安全な医療システムを目指して

やさしい経営学 (日経ビジネス人文庫)

障害児教育を考える (岩波新書)

患者の安全を守る―医療・看護の労働環境の変革

早島式即効ダイエット―ゆがみをなくし、ムリなくやせる 体のバランスを整える「導引術」のすべて (にちぶん文庫)

ギア・チェンジ―緩和医療を学ぶ二十一会 (総合診療ブックス)

新着情報ブログ ブログ2